知ってて安心!家族葬Q&A

そもそも家族葬とは?

そもそも家族葬とは? お葬式の形式には、さまざまなものがあります。家庭や遺族の希望などによってどのようなお葬式にするのか決めていくわけですが、さまざまあるお葬式の中でも注目されているのが家族葬と呼ばれるものです。家族葬に関するさまざまな疑問を解決しておけば、いざお葬式を開く側になったときにも安心です。

実際に名前を聞いたことがあるという人は多くても、お葬式を行う側になったことがなければどのようなお葬式のことを言うのかを知らないというケースもあるでしょう。家族葬というのは、一般的なお葬式とは違い、誰でもお葬式に参列することができるというものではありません。あらかじめ遺族が参列してもらう人を決めて、呼ばれた人たちだけで故人と最後の時間を過ごすというお葬式の形になります。昔と比較すると、高齢になったことでお葬式に参加することが出来ない人が増えてきていることや、交友関係が希薄になりつつあることなどの現代社会の背景からも、このような形式のお葬式を行うという人が増えています。

家族葬を行う上で悩むこととして多いのが、お葬式にどの人を呼ぶのかということです。家族葬では、お葬式を行う前に呼ぶ人をあらかじめ決めておかなければいけませんが、お葬式に参加していただく人を家族に限定する必要はありませんし、家族以外は家族葬に呼んではいけないというような厳しい決まりなどはありません。呼びたいと思う人であれば、故人の親しかった友人などを呼ぶことができるので、故人の気持ちを重視した上で、遺族がお別れに来ていただきたいと思える人を呼ぶようにします。

お葬式は故人との最後のお別れの場でもあります。故人が親しかった人や大切にしていた家族とゆっくりと過ごすことができることが、家族葬が人気を集めている理由の一つです。また、一般の参列をお断りすることによって、お葬式を行う側の遺族の精神的、肉体的な負担も軽減されることになるので、形式にとらわれずリラックスしてお葬式を進めていきたいという人や、なごやかな雰囲気の中で遺族との最後の時間を過ごしたいと考えている人にも、ぴったりの形式のお葬式の形です。

もしも、どういった形でお葬式を行ったらいいのかを悩んでいるのであれば、家族葬というお葬式の形を取るのも選択肢の一つです。最近では、一般的なスタイルとして受け入れられてきているので、対応してもらえる葬儀会社も多くあります。そうはいっても、年配の方の中には、お葬式に従来のイメージを持っている方も少なくありません。家族葬を行う場合は、事前に周囲への理解をお願いすることが大切になるのでその点は覚えておきましょう。

最新記事